矯正歯科Orthodontic dentistry

三宅ハロー歯科の矯正歯科の特徴Benefit

きれいな歯ならびで 快適いきいき笑顔に!

きれいな歯ならび(正常咬合)は、見た目が良いだけでなく、ブラッシングがしやすいため、むし歯や歯周病の予防につながります。また、かみ合わせを良くすることで食べものをよく咬めるようになり、QOLの向上につながります。

矯正治療をすると

  • 口元がきれいになり、笑顔に自信が持てるようになる
  • 咬みあわせが良くなり、食べやすくなる
  • 発音が良くなり、はっきり話せる
  • 歯磨きしやすくなり、むし歯・歯周病予防になる

Ⅰ期治療(乳歯が残っているお子さまの矯正治療)

乳歯だけの時期(乳歯列期)、もしくは乳歯と永久歯が混在する時期(混合歯列期)に行われる治療です。第Ⅰ期治療の目的は、永久歯が正しい位置に生えてくるように、もうすでに生えている乳歯や永久歯を移動させ、これから生えてくる永久歯の萌出を誘導すること。そして、永久歯が正しくかみ合うように、顎の成長・発育のコントロールも行います。第Ⅰ期治療は比較的簡単な装置を使用し、第Ⅱ期治療に入る準備的な治療になります。第Ⅰ期治療のみで治療が終了する場合もあります。

Ⅱ期治療(永久歯列のお子さま、大人の矯正治療)

永久歯列期に行われる治療です。顎の成長・発育をコントロールしながら個々の歯にブラケットと呼ばれる装置をつけることで、歯に力をかけて移動させ歯並びをきれいに並べなおします。そして、正しいかみ合わせを作ります。 第Ⅰ期治療で骨格のバランスが良い状態になっていれば、第Ⅰ期治療を行わなかった場合に比べて、第Ⅱ期治療でより良い治療効果を期待できる場合が多いです。症例によっては第Ⅱ期まで待って治療することもあります。

矯正治療の流れFlow of orthodontic treatment

  • 治療の開始時期、装置、治療方法、治療期間、費用について説明します。(約30分)

  • 歯の型やお口の中の写真・X線写真など、診断・治療計画に必要な検査を行います。約1時間程度かかります。

  • 歯の模型や検査結果が出たら診断し、患者さまに合った治療計画の詳細や治療費などについて、詳しい説明をします。

  • 症例によってペースは異なりますが、通院が必要になってきます。装置や治療内容について気になったこと、困ったことがあればお気軽にお尋ねください。

  • 装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いて後戻りしてしまいます。動かした歯が安定するまで、保定装置(リテーナー)を装着します。通院も必要になりますが、通院間隔は徐々に空いていきます(例:3ヶ月→6ヶ月→1年)。保定装置を使用する期間は症例によって異なります。

料金についてPrice

相談料 ¥3,240
検査料 ¥16,200
診断料 ¥16,200
調整料 ¥5,400
観察料 ¥3,240
Ⅰ期治療(混合歯列期、ブラケットを使わない矯正) ¥324,000
Ⅱ期治療(永久歯、ブラケットを使う矯正) ¥594,000
  • Ⅰ期治療で前歯のみブラケットを使用する場合は追加で¥54,000のお支払いが必要になります。
  • Ⅰ期治療終了後、Ⅱ期治療も開始される場合は追加で¥270,000(Ⅰ期治療とⅡ期治療の差額)のお支払いが必要になります。