予防歯科Preventive dentistry

歯を健康に保つには予防がベスト

予防に勝る治療法はありません。三宅ハロー歯科では妊娠中の“マイナス1歳”からスタートするむし歯予防でお子さまのむし歯ゼロを育みます。さらに、小児歯科の「たけのこクラブ」、一般歯科の「美歯倶楽部」と歯科治療終了後の定期健診も充実させ、むし歯と歯周病の予防を基盤とした診療システムで、皆さまの大切な歯と健康を生涯にわたって守ります。

一生健康な歯でいるために

妊娠中からスタートする
お口の健康づくり

“マイナス1歳”からのむし歯予防が最も理想的で効果があります。なぜなら、むし歯菌は家族、特に母親の唾液を介して赤ちゃんに伝播することが多いため、赤ちゃんが産まれる前からお口の衛生環境を良くすることが第一の予防策となるからです。
さらに、家族の健康を守る中心であるお母さまが正しい予防知識を理解して実践できるようになれば、子どもや家族のお口の健康に良い影響がもたらされます。

歯の生え始め
お子さまのむし歯予防

生えてきたばかりの歯は弱く、数年かけて唾液のカルシウムを取り入れ、徐々に強くなってきます。逆にいうと、この数年間が最もむし歯になりやすい時期であり、1歳頃の早い時期からの歯医者さんデビュー(定期健診)をお勧めします。“治療ではなく予防”からスタートすれば、歯医者さんは“怖い所ではなく楽しい所”になります。
「たけのこクラブ」では、むし歯菌検査、X線診査(咬翼法)を行ってむし歯を見落としません。歯磨きや食事(間食)指導、歯面清掃、フッ化物塗布も行ってお子さまの大切な歯を守ります。

続ける予防!
定期健診

一般歯科の「美歯倶楽部」は、むし歯と歯周病両方の予防を考慮した充実した内容です。ゆったりとした時間のなか歯科衛生士との会話を楽しみながら、お口の爽快感を味わってください。お子さまの「たけのこクラブ」と同時に継続して定期健診に来ていただいているご家族も多くいらっしゃいます。何事も“継続は力なり”です。

歯をきれいに保つ
ブラッシング指導

歯科治療は主として歯科医師が行いますが、予防歯科での主役は来院者の皆さまです。私達は皆さまが自分の歯を守るセルフケアが確実に行えるように支援するサポーター役となります。毎日の適切な歯磨き習慣はむし歯と歯周病予防の基本中の基本です。
自分自身の口腔内に合った適切な歯磨き法の指導を受け、実践できるようになることが定期健診の最大の目標です。

歯周病治療で
健康な身体づくり

歯周病が糖尿病や心血管系疾患、骨粗鬆症などの全身疾患に関連することが知られています。また、妊婦の歯周病は早産・低体重児出産に関連することも明らかとなってきました。
特に歯周病と糖尿病には双方向の関連性があり、歯周病治療によって糖尿病が改善することが報告されています。早産・低体重児出産に関しては明確ではありませんが、妊婦の歯周病治療が、これらの妊娠トラブルを防ぐ効果があったという報告もあります。お口は健康の入口です。歯周病の治療と予防が全身の健康を守ることに繋がります。

禁煙は万病の予防、家族への愛

タバコは歯周病の第一のリスクファクターであり、禁煙なしには歯周病の進行を止めることが困難です。歯周病のみならず、禁煙はガンや心血管系疾患、生活習慣病など万病の予防となることが明らかとなっています。
また、タバコからまき散らされる副流煙の害は家族に及び、特に子どもの喘息や中耳炎、さらにはむし歯や歯肉のメラニン沈着にも関係することが知られています。新型タバコの煙にも有害物質が多く含まれます。まさに“喫煙は子どもへの虐待”であり、逆に“禁煙は家族への愛”です。禁煙は絶対無理と思っている方でも、禁煙補助薬(飲み薬やニコチンパッチ)を使用すれば楽に禁煙ができます。