小児歯科Pediatric dentistry

三宅ハロー歯科の小児歯科の特徴Benefit

三宅ハロー歯科ではアットホームな雰囲気の診療室で
小児専門の歯科医師がオーダーメイド治療をします!

緊張して来院されたお子さまが、少しでもリラックスできるようお子さまと保護者の方とのコミュニケーションを大切にし、アットホームな雰囲気づくりを心がけております。
お子さまの年齢や性格、発達状態、生活環境などを考慮し、お一人おひとりに合った口腔ケアに関するアドバイスをさせて頂き、それぞれのお子さまのペースにあわせて治療をすすめていきます。

お子さまのむし歯ゼロへ! Zero decayed teeth

妊娠中・マイナス1歳から
始めるむし歯予防

生まれてきた赤ちゃんが将来むし歯にならないようにするためにお母さまを含めた家族全員が歯・口の健康に注意をはらい、定期的に歯科健診をし、お口の中をきれいに保ちましょう。

歯が生え始めたらすぐに始める小児歯科デビュー

生え始めた歯の磨き方だけでなく、むし歯予防に関する正しい知識を習得することがお子さまのむし歯予防につながります。小児歯科スタッフ一同で、お子さまをむし歯から守るためのお手伝いをさせて頂きます!

3歳までが特に頑張りどき!

①3歳まで甘いもの・砂糖が入ったものを覚えさせない。
②食後の歯みがき習慣を身につける。夕食後はフロスも使用する。
③だらだら食いをしない。間食は1日2回まで。
④定期的に歯科医院を受診する。フッ化物塗布、シーラントなどのむし歯予防処置を受ける。
※②~④はご家族全員で気をつけましょう!

こんな方も安心です!Relief

他院でお子さまの治療が
難しく断念してしまった

当院の小児歯科はお子さまが楽しく笑顔で通える歯医者さんを目指しています。
他院で治療が難しかったお子さまも多数来院してくださっており、歯科嫌いを克服してくれています!

兄弟姉妹がいてなかなか
診療に行けない

付き添いのご兄弟を託児スペースでお預かりすることができます。当院の託児サービスでは専任の保育士が、出産間もない赤ちゃんから大きなお子さままでお預かりしています。授乳室・おむつ交換台も完備しています。なお、託児は完全予約制となっており、無料でご利用いただけます。

予防を早く始めたいけれど
1歳からでも大丈夫?

予防に早すぎるということはありません。むし歯予防や歯並びに関して疑問や不安を持たれている場合は、歯が生えていなくても来院して頂いて大丈夫です!歯が生えはじめる生後6ヶ月頃から小児歯科デビューをしましょう!

続けられる仕組み「たけのこクラブ」TAKENOKO club

たけのこクラブ(定期検診コース)要予約

加入率約90%。続けられる定期健診で、お子さまの歯を健康に保ちましょう。

定期健診とフッ化物塗布を組み合わせた歯科健診です(要予約)。
3~4ヶ月に1回のペースで受診されることをおすすめします。たけのこクラブでは、むし歯や歯垢のチェックだけではなく、口腔内のむし歯菌の強さの検査も行っています。
この検査は、お子さまや保護者の方の口腔ケアに対するモチベーションの向上に役立っております。

たけのこクラブの内容

  • 歯科健診
  • 食事指導・歯磨き指導
  • カリオスタット検査(むし歯菌の強さの検査)
  • カリオスタット検査の結果説明
  • 歯ブラシ・回転ブラシ等を用いた歯面清掃
  • 状況に応じた歯石除去
  • レントゲン(咬翼法)による外からでは見えない歯と歯の間のむし歯のチェック
  • フッ化物塗布
  • ※定期的に予約をお取りし、ご希望の方にはハガキにて健診のお知らせを行っています。
  • ※歯ブラシはお家でお使いのものをお持ちください。

むし歯菌の強さが色で見てわかる!
人気のカリオスタット検査

初めて来院される方へFirst time

来院の際には

低年齢のお子さまの
来院に適した時間帯
低年齢のお子さまは午前中の受診をおすすめしています。
午前中は疲労しておらず機嫌が良い、待ち時間が少ない、
混雑が少なく余裕ある診療を受けることができるなどのメリットがあります。
来院を避けた方が
いい時間帯
体調の悪い時、昼寝の時間帯、空腹時、満腹時、行事等で疲れている時などの来院は避けましょう。特に嘔吐反射の強いお子さまは食後2~3時間あけて来院されることをおすすめします。
お子さまへの声かけ 「痛くない」「こわくない」「ごめんね」等のマイナスイメージの言葉を使わないようにしましょう。「ピカピカな歯(かわいい歯、かっこいい歯)にしてもらおう」「むし歯をやっつけてもらおう」
「むし歯菌がいないか見てもらおう」「よくがんばったネ!」「かっこよくできたネ!」等のプラスイメージの言葉をかけてあげましょう。
歯科受診を嫌がっているお子さまに対して、
歯科受診を内緒にして来院することは決してしないでください。
プラスイメージの言葉を使って、歯科受診を楽しめるようにしてあげましょうね。